日々の生活を記録したブログです。いろんなネ話題を話します。ここでしか知れない豆知識もあります。

11月20日 Berryz工房&℃-ute コラボコンサートツアー2011秋~ベリキューアイランド~

今日はBerryz工房&℃-ute コラボコンサートツアー2011秋~ベリキューアイランド~のコンサートだった。
そして、私が茶髪にした日でもあった。
午前中のことだ。
そのため、会場到着は大幅に遅れてしまった。
しかも3階席。
メッチャ高い場所だったなぁ。
まさか4階席まであったとは。
今までコンサートに行ってきたが、1階席しか座ったことがない。
今までは運がよかっただけ・・・ということか?
にしてもスッゴイ上から目線だったな。私が。
下が恐ろしく遠くに見えた。
しかも下の前列はほとんどgoods売り場のTシャツで埋め尽くされていた。
なんか、心の中でドン引きした。
メガネで見て、持ってきた双眼鏡でステージを見ることになった。
持ってきて良かった~。双眼鏡。


1.青春劇場
「栄光あれー!!」と言ってたな。

2.メドレー
なんか遊園地の案内所な感じでメンバーが紹介を始めた。
そののち、メンバ達が数々の曲をノンストップでメドレー披露。
なかには懐かしい曲もあった。

VTR
ダーリン I LOVE YOUに合わせるかように℃-uteの年下順、Berryzの年下順にとメンバーが現れたな、映像内で。

3.世界一HAPPYな女の子
これは℃-uteの曲ですな。

MC
Berryz工房について℃-uteが「熊井友理奈と遊ぶ」というテーマで話してたな。
抹茶がどうとか。

4.嫌いで嫌いで嫌い
11/9発売のシングルの℃-uteバージョンのカップリング曲らしい。
私はまだCD買ってないから知らなかったがな。

5.偉大な力を!
「SAY YEAH!」と盛り上がったなぁ。

6.ああ、夜が明ける
これって確かBerryzの新曲だったか。
最近、学業に多忙で忘れた、スマンBerryz工房。

MC
今度は℃-uteについてBerryz工房が「Yes!しあわせ」につてトークしたな。
どうやらキャプテンのミッキーマウスみたいな髪型は夏焼さんがセットしてくれたらしい。
そして、まだ早いけど矢島さんからネックレスを誕生日プレゼントをもらって、身につけていた。

7. 単純すぎなの私
これはべりキューのBerryzのカップリング曲らしいの。
レンタルしよ、早めに。
今はお金がないからな。

8. ヒーロー現る!
このとき結構時間が過ぎていたな。
どれくらい経っただろうか?

王様ゲームコーナー
いきなり、12/17日公開の映画「王様ゲーム」のCMが流れてびっくりしたね。
それに合わせて王様ゲームをしようというコーナーが始まった。
どうやら夏焼さんが1~11と当たりのくじを引いて当たりのくじを引いた人がソロを歌うコトになっていた。
当たりを引いたのは菅谷梨沙子さん。
なんか、くじにミスがあったらしいが、歌うことになった。

9.大きな愛でもてなして
最後まで歌えるかどうか不安だったらしい。(後の発言より)

10. 負けるな わっしょい!
なぜか9人しかいなかった。
よく見ると、嗣永、夏焼、鈴木さんの三人がいなかった。
ということは・・・もう予測ができた。
次はBuono!が登場すると。

11. DEEP MIND
言うまでもなく、Buono!が現れた。
Buono!の主演映画「ゴメンナサイ」の主題歌じゃなかったか。

12. Bye Bye Bye!
熊井、菅谷、矢島、岡井さんの4人で歌う℃-uteの曲。
どういう組み合わせだ?
そこが疑問なんだよな。

13. 行け 行け モンキーダンス
Buono!と先の4人を除いた5人のモンキーダンス。

14. That's the POWER
これは前回のコンサートで「それでも二十歳、それでも二十歳」という言葉がよぎった。
あれは矢島さんもうすぐ私と同じ二十歳だという話題だったな。
まぁ当時私もまだ二十歳じゃなかったけど・・。

15. 青春ソング
ここまで来ると結構熱く暑く篤くなってきたな。

16. 本気ボンバー!!
「夏じゃん」という言葉でこれはイナズマイレブンのEDだったなと思った。
正直、イナズマイレブンは見てなかったけど。

17. JUMP
といってもなぁ・・・もう頭が付きそうだった、天井に。
だからJUMPはできなかったし、変になりそうだった。

18. 友情 純情 oh 青春
まだまだ勢いは止まらないこの次からラストスパートだ。

19. いざ、進め! Steady go!
これは良い曲だ。
たしか℃-uteの曲だったな。

20. 一丁目ロック!
もう疲れていたな、私は。

アンコールワット(約5分)
後に着替えて登場。
またスッゲえ事実発覚!
萩原さんの髪型も夏焼さんがセットしてくれたようだ。

21. 夜:Kiss me 愛してる
久々に聞くねぇ、この曲。
℃-uteの曲だね。

22. 甘酸っぱい春にサクラサク
最後はこの曲かぁ。
この曲は最初か最後のどっちかに持ってくるだろうと思ってたが、最後の最後とはね。


およそ1時間50分。
コンサートが終わり、すぐにgoods売り場に直行。
写真4500円つかってしまったな。

さて、終わったな、コンサート。
今度は誰のコンサートに行くか・・・?
といっても三者択一だけどね。
スポンサーサイト

5月15日 ℃-uteコンサートツアー2011春『超!超ワンダフルツアー』 終了編

そして、コンサートは終わった。
その後、グッズをひとつ購入した。
900円だと思ったら、500円だった。
また計算ミスだったな。


オーロラホールを出たら、GEOに行った。
そして、寄り道でTSUTAYAに寄った。
だが、親の給料日がまだなのでお小遣いももらえず、CDレンタルもDVDレンタルもできなかった。


帰ってきたのは19時頃だった。
ホント帰ってくると今日の出来事が嘘のように思えるな。
そして、今日メモしたことをまとめた。
なんせ、わからない曲名も調べた。
歌った歌詞をメモしたものがカギであった。
ゆえにここだけでも大変だった。
明日は1限からだ。
いくらなんでも、やる気が起きない。

5月15日 ℃-uteコンサートツアー2011春『超!超ワンダフルツアー』 本番編

青い光が客席を照らす。
01: Midnight Temptation
アルバムのジャケットの衣装で登場した。
心は既にバクバクを超えて炎々となっていた。


02:FOREVER LOVE
よく見てみると、maimiとnacky以外は左足のみ黒い網のタイツのようなものを履いていた。
この曲は初めてのEventで聴いた曲だったなぁ。


03:JUMP
ここから盛り上がりを見せた。
我も思わずJumpして転けそうだったな。
一旦ここで客席が落ち着いたと思いきやまた盛り上がった。


紹介VTR:(LALALA幸せの歌)
年下順に紹介VTRが流れた。
なんかこのVTR見て、私もこんなVTR作ってみたいと思った。
すごかったなぁ。
どうやって作ったんだぁ?


04:桃色スパークリング
この曲は初めて聴く。
以前からこの曲のMVが流れていたが、あえて聴かなかった。
コンサートで聴いた時のドキドキや楽しみが半減してしまうからな。
ちなみにここで衣装チェンジした。
新曲のジャケットの衣装で現れた。
途中でPVも挟んだなぁ。
これは良かった曲だ。


MC1:紹介
左からchisato、nacky、maimi、airi、maiの順で並び、まず「ワンダフルですか―――!!?」と観客に向けての問。
観客皆、元気であった。
その後に東日本大震災のことで一礼。
ここは皆静か。
叫ぶ者など誰一人居らず。


05:3番ホーム 3両目
大画面に駅のホームの映像や写真が表れた。
我もこういうの作ってみたい。


06:別れたくない…
既に5人とも汗をかいていた。
特にmaimiがよくわかった。
髪が多いせいか、光に反射してすごい肌がひかってた。


07:Kiss me 愛してる
ここから一気に盛り上がったが、最初の方でmaimiが歌い始めで出遅れたようだ。
歌詞を一瞬度忘れしたらしい。
nackyは観客にセイ!・・・ウォッ!と何回か観客にマイクを向けて、観客から声を求めた。


MC2:ここでやっちまった超超ベスト3のコーナー
ここでやっちまった超超ベスト3のコーナー。発表者はnacky。
一緒にairiとchisatoもいた。
まずは第3位。
「えっ、こくない?」
であった。
なんかよくわからなかったが、チークだったがチョークだったか忘れたが握手会の時ファン数人に言われたらしい。
ファンは事前に言おうぜと打ち合わせていたらしい。

続いて第2位。
ここでド忘れしてしまった。
改めて、「あれ、アプリ消えた。」であった。
nackyはiPhoneで500枚の写真を取っている。
だが、寝てる間に寝ぼけてアプリごと写真が消えたようだ。
しかも、新曲桃色スパークリングの写真も。
すぐさまかき集め、42枚だという。
本人は今は気をつけているみたいだ。
私は「女の子ってそんなに写真撮るのか?」と思った。
nackyはブログにも載せているようだ。

そして、第1位。
「あれ、何処?」であった。
これはタクシーに乗ってお店に行った時のことだ。
降りたら、ケータイが無く、chisatoに走れ!と言われたが、沢山タクシーがあったのでわからなかった。
ケータイがないと不安なのでこの日はマネージャーさんのiPhone3を借りた。
だからiPhoneにしたらしい。
ケータイは警察に届いていた。
その後、本人はロックもかけるようにした。


08:Lonely girl's night(maimiソロ)
白(銀)と赤の衣装で登場した。
これはバラード系であった。


09:君の戦法(nackyソロ・airi,chisatoバック)
白(銀)と水色の衣装で登場した。
明るい曲だったな、これは。


10:甘い罠(maiソロ・maimi.chisatoバック)
白(銀)と黄色の衣装で登場した。
ちょくら激しめの曲であったかな?


11:サークル
ここから2曲はアルバムから。
chisato、maiは白いブーツ、あと3人はヒールだったなぁ。


12:ルルルルル
これもバラードなため、観客のライトもゆっくりだった。
このとき、JUST16時だった。


MC3:萩原舞のしゃべちゃうぞコーナー
萩原舞のしゃべちゃうぞコーナーであった。
観客に座るよう勧め、maiも座り、MCが始まった。
ひざが悪くなるからという配慮であったが、観客は笑ったなぁ。
我は笑わなかったがな。

話題は寝相と寝言のひどさであった。
飛行機・新幹線だと普通に眠れるらしいが、ベットだとアッチラコッチラ、お腹が痛くなっているという。
寝て5分程度でハァーとなっちゃうらしい。
姉や両親の部屋に行ったりして寝るそうだ。
だが、例の寝相の悪さのせいで父からは朝になって「やってくれたなぁ」と言われ、一緒に寝るのは嫌だと言われたそうだ。
どうやら、本人は足でバァ―ン、手でゴーンとやったらしいが全く覚えてないと言う。

次は寝言の悪さである。
まだ小学生の時に飛行機に乗って寝ているときに夢を見たらしく、「ママ―――!!」と寝言で叫んだらしい。
さらに、chisatoと2人で会話の時に話を聞いている時には眠くなっていてchisatoから「眠いでしょう?」と聞かれたが、本人が負ける気がするから否定した。
そこで私は「何の勝負だ!!」と心の中でツッコミを入れた。


13:スイーーツ→→→ライブ(chisatoソロ)
ここでまたソロ。
今度の衣装は学ランに白とピンクのカバンであった。
まったりとした曲だったかな?


14:Yes!しあわせ(airiソロ・maimi.nackyバック)
3人とも学ランでカバンぶら下げてた。
これはもう全員既に学ラン姿になっているなと思った。


MC4:漫才
なにやら先輩後輩の漫才みたいな劇が始まった。
ストーリーはchisatoが遅刻したトコから始まり、maimiが説教。
だがchisatoから中日の監督の名前知ってますかと問われ、maimiは慌てる。
「nacky答えてやれ」と振った。見事に逃げたな。
nackyも分からず、airiに振られた。airiは「落合さんだよ。」とちゃんと答えた。
ちなみに私は知らなかった。
そしてなぜか、あの名古屋駅にあるでっかい人形の写真が出てきた。


15:That's the POWER
ここから後半であった。
歌の前にキーワードが発表された。「それでも20歳?」であった。
歌がない部分で「それでも20歳?それでも20歳?」と連発した。
maimiは途中で「まだ19!」と言った。
それを思うと我も悲しくなる。
なんせ、ハタチまでもう2ヶ月もない。
実はmaimiは我と同い年。我もまだ19!!!


16:僕らの輝き
けっこうカバン振り回してたが、なんとここで衣装チェンジ。
airiとmaiがいつの間にか、続いてあとの3人も衣装チェンジした。
水色と銀の衣装でヘソだしに黒いブーツ。


17:キャンパスライフ~生まれて来てよかった~
ここでは大画面にエフェクト効果があった。
maimiの顔にハートマーク。続いてairiの顔にもハートマーク。
クリエイターのお仕事したいなぁ我は。


18:超WONDERFUL!
ここでまた一気に盛り上がる。
maiの投げキッスもあったぞ。
ここで人文字を5人が観客と共に作った。
WONDERFULという文字であったが、最後の方が早すぎた。
無理矢理だなぁ。
大画面にそれぞれのダンスパフォーマンスが映った。
nacky⇒airi⇒chisato⇒maimi⇒maiの順であった。
皆すごかったなぁ。


19:Danceでバコーン!
激しさは止まらず、なんと「名古屋の皆さんとは相性がいいみたい」とメンバーの誰かが言ったなぁ。
いや~それほどでも~。


20:青春ソング
ここでメンバー、観客共にタオルを回し始めた。
我はタオルを持ってなかったから回せなかった。
ハンカチでもよかったかな?
大画面右半分に観客の映像が映った。


アンコール:16時40分頃から4分間、「℃-ute!」と観客皆叫び続けた。

21:これ以上嫌われたくないの
その甲斐があったか、黒いタイツにスカート、ヘソだしに白い半袖の衣装で1曲。


軽いMC:FINAL
次が最後の曲となった。
nackyは「新曲のフリを可愛く覚えてほしい。」
maiは「お疲れです~?文章力がないので国語の勉強頑張ります。」
chisatoは「maimiがすごい動いていた。」
airiは「2階席の観客が口をあけているのが見えた。」
maimiは「この晴天でよかった。さっきのまだ19!と言ったのは恥ずかしかった。」とそれぞれ言った。
まぁ私が聞いて書いているので、正確ではないのでそのまんまではないです。


22:いざ、進め! Steady go!
ラッキーと幸せを込めた最後の曲となった。
名古屋の方だけでなく日本中がそうであるようにとmaimiの口から申された。


終わったのは16時55分。
1時間55分。大学の通学時間とあまり変わらない。
あっという間だった。
春の楽しみが2時間足らずで終わった。

5月15日 ℃-uteコンサートツアー2011春『超!超ワンダフルツアー』 直前編

今日は℃-uteコンサートツアー2011春『超!超ワンダフルツアー』に行ってきた。
℃-uteの単独コンサートツアーに行くのは今回が初めてである。
去年からの願いであった。
だが、ようやく叶った。
まずは今日の工程から話そう。


09時20分、自宅を出発した。
そして、電車でのんびりと向かった。


10時20分、中京大学文化市民会館に到着。
ここがライブ会場である。
だが、まだそんなに人は居なかった。
我はWALKMANで暇つぶし。


11時10分、グッズ販売の看板が出た。
販売は12時からであった。
それまで『早雲の軍配者』という本を読んでいた。
大学の図書館で借りてきたんだ。
まぁ関係ないな、それは。
我は歴史にも興味があるんだぞ。
特に戦国時代に。
それまで髪を切ったばかりの頭に太陽の日差しが当たり続けた。


12時、ついに販売を開始したかに見えた。
なかなか前に進まなかった。
買い終わるまでに30分かかった。
我もいくつかグッズを買った。
見立てでは5700円分だったが、購入ミスで5200円だった。
まぁ安かったからいいけど。
使うはずだった500円でなんかガチャガチャがあったので一回回した。
にしても、一回500円って高くないか?
クリーナーが出てきた。なんかガッカリした気分だ。
戦国武将系のクリーナーが山ほどあるのに。


12時30分、買い出しが終わり空白時間がおよそ2時間。
名古屋のほうへ三省堂書店へ栄のTSUTAYAへ。
暇をつぶした。もっと時間あればよかったと思うぞ。


13時50分、栄のTSUTAYAを出て中京大学文化市民会館にまで戻った。
が、その前に・・・名古屋駅のホームのファミマでチキンカツサンドとミルクティーを買って向かった。
このあたりはコンサートとは関係なものばかり出てくるぞ。
金山駅に到着したら、中京大学文化市民会館に向かう、はずだったが。
ボストン美術館の前で中腰になりながら、買ったものを食べた。
途中で警備員に見つかってしまったが、スルーされた。
よかったー。罰金取られたらどうしようと考えた。
自転車放置とかタバコ喫煙とか取られるだろ?
ドキッとしたぞ。


14時30分、いろいろあったが、ようやく中京大学文化市民会館に戻ってきた。
2時間ぶりだな。2日ぶりじゃなくて。
買いたいグッズが出てきたので買おうとしたが、かなり並んでいたので終わってからにしよう。
そうすることにした。


14時40分、中京大学文化市民会館オーロラホールに入った。
1階席の左寄りの後ろのほうだった。
今まで右寄りの前のほうだったことが多かった。
故に珍しかった。
そして、これまでの工程を記録して5分前になってトイレに行ったりした。
それまで『愛は勝つ』のVTRが流れてたな。
双眼鏡を持ってきて見た。
その時、既に・・・我が心はバクバク。落ち着かない状態になってた。

2月11日 コンサート~帰宅

1回目の公演が終わったのは16時50分頃であった。
ゴミがたまっていたので俺はまた駅の方まで戻り、捨てに行きたかった。
しかし、俺は次の公演のチケットもあった。次の公演まで残り40分しかなかった。
途中で怪しい男の人から、アンケートに答えてほしいと求められた。
怪しかったのでウソもついて答えた。なんかアンケートに答えさせる危ない商法が確かあったから。
まあ、なんと世界平和とか俺の将来について質問されたがテキトーに。

大急ぎで捨てに行き、また会場に戻った。

会場に入ったら、今度は大分前の方だった。しかも熱狂的なファンばかり。(そりゃそうだ。)
40分くらい立って待っていたかな・・・。
途中で電源切っていたケータイの電源入れると五月蝿いし。
辛かったなぁ~。


公演が始まって、2回目のは1回目の時と違った。俺の周りでジャンプするバカはいるし、前へ行こうと押しまくるタワケはいるし、そういう人同士でマジになってケンカする大バカモノまだまで出てくるあり様。

俺も押された時はチョットやり返したが反撃にあった。
だが、ここでやり合うと後でどうなるか、今この場でコンサート中止にも成りかねないので、ここは大人しく手を出すのはやめた。
俺より年上のクセにこんなアホなことする奴等ってどのくらい居たのかな~?
2人はいた。あの2人は忘れたくても忘れられない。俺ってそんな2人よりは大人だね!

しかし、俺も前に行こうとしたせいで、荷物がなくなるは傘は移動するわで最初の方楽しめなかった。
また、大人しくしていても大半は半袖の人だったので触れると汗がついてくる。おまけに超臭かった。
なんとか荷物も見つかり、あの忘れられん二人も終わる頃には居なくなっていた。
終わったら、引き止められてケンカでも売られてしまうかもしれないと恐れていた。
故にコンサートを楽しんで、Buono!のメンバーを見る余裕もなかった。(まぁ一時のことだったけど)


違うといえば、コンサートの内容も1回目と少し違った。
ラジオ番組の主導が桃子から愛理に変わっていた。
しかも、なんかギャグの連発だった。ふえるワカメ・・・今そんなの流行してるのか?
桃子も雅も一緒にやらされてたし、会場の皆さんもご一緒にって・・・。

質問の内容も変わっていたし、質問の方もB工房 S&Kさんに変わっていた。
B工房もkもわかるけど、Sってたしか3人いたと思うけど・・・。
内容は持ってきたお貸しを雅が自分が持ってきたかのように言っているとかいう内容だったような・・・。
悪いと思っているけど、あんまり覚えがない。

最後にハートの形をした発砲スチロールの紙を1回目は一枚素手で掴み取った。
今回は2回目は2枚しかも落ちたものを拾った。

そして、コンサートは終わった。
しかし、駅と会場の間を何回往復したかな?
朝トイレに行ったときに1回。
昼飯を食べるために2回。
本を読むために(時間つぶし)3回。
ゴミ捨てに4回。
帰宅で5回。
つまり、今日5回駅と会場を往復した。


9時に駅を出発して帰った。改札を出たとき、雪がちらついてた。
あれは雨とは言い難い。
しっかし、今日は疲れた。5往復したし、雨の中走ったし、汗だらけ。
あの間は結構信号に引っかかったし、長い道のりだった。
これはもう明日は家で一日中グッタリするだろう。何度も言うけどもう疲れた。


反省会
・スタンディングで前に行こうとするのはやめます。(恐ろしい思いをしました。)
・荷物はできる限り預けることにします。
  次のページ>>