日々の生活を記録したブログです。いろんなネ話題を話します。ここでしか知れない豆知識もあります。

5月31日 絶望と最初の一歩

今日はプログラミング及び演習Ⅱの中間試験だった。
結果から言うとほとんどできてなかった。


試験1時間の後に解説があったからだ。
ほとんどが間違っていた。
中間と期末の平均が実際の点数になるが、悪すぎだろ。
いくら期末が良くてもダメだろ。
もはや絶望的だった。
わかっていたつもりがいざ書こうとなるとダメダメだった。
今の自分の実力の無さを身をもって危険と共に知った。


補習では後期や3年でどんなことするのか聞かされた。
下手すると留年は免れないな。
卒業も就職も無理だな。
まさに修羅場の入口まで来てるという状況じゃないか。


だが、今日が悪い日とは思わなかった。
占いで蟹座が最下位だったが、友達作りのため人に話しかけてみた。
共に補習を受けて、帰り道話して、電車の中でもいろいろと話して、メアド交換までした。
最初の一歩を踏み出した日だった。


5月最後の日は絶望の日、または最初の一歩を踏み出した日だった。
スポンサーサイト

5月30日 修羅への道

今日は月曜日。
1・2・3・5限というハードな日だった。
3限目の試験はやられた。
あんま自信がない。
5限目はなんか授業風景を見てメモした。
1ヶ月に渡って研究するみたい。
 
その後、20時過ぎまでプログラミングのことで先輩から教えを受けた。
だが、後期の授業を担当する先生から『後期はドSに行くぞ』と言われた。
つまり厳しく行くという意味だ。
このプログラミング及び演習Ⅱができなかったら、この先の2、3年の演習授業は全滅。
 
我は修羅への道を選んでしまったと心に思った。
 

5月29日 Rain holiday two

今日は夕方イオンに行った。
ホント何やってるんだろう、我は。
プログラミングが危ないというのに。
明日は英語コミュニケーションEの中間試験だというのに。
 
ちなみに今日は『ルナテックガール』をもう1度心に残る場面を読んだ。
面白いぞ、熱いぞ。
 
そして、『涼宮ハルヒの驚愕(前)』を100ページ以上読んだ。先が気になる。
ところで今度、いつ驚愕(前)(後)の続編が出刊されるんだ?
  次のページ>>